Google Maps PlatformのAPI リクエストの制限を設定する

Google Clud 様のロゴ

最近は、Googleマップ、Googleマイビジネス、GoogleフォームなどGoogle社のクラウドサービスをお客様に提供する機会が多くなっています。

今回は、Google社が提供しているクラウドサービスの、Google Cloud Platformのうち、Googleマップの口コミ情報を取得する際の、APIリクエスト制限を設定する方法お伝えします。

Google Maps Platformのとは、Googleが提供しているクラウドコンピューティングサービスです。

GoogleのAPIを利用する場合は有料です。ただし、毎月 200 ドル分の無料クレジットが付与されます。1アカウントごとに、200ドルという点をご注意ください。複数のホームページ上でAPIをご利用される場合、200ドルというのはあっという間です。

携帯電話の通信量と同じように、使った分だけカウントされる仕組みです。

今回はAPIを他の場所でつかわれないように「API キーの制限を設定する」ことと、無料クレジット内で抑えるように「API リクエストの制限と割り当て」する方法をご紹介します。

API キーの制限を設定する

API リクエストの制限と割り当て

初期設定は以下の画像です。

1ヶ月で70,000アクセスまで、10サイト運営を想定しました。

1ヶ月あたり1サイト/7000リクエスト=233/日としました。

料金の詳細はこちらのサイトにまとめられています。

この記事を書いた人

山崎 大祐

現役コーダーでフロントエンジン寄りのWeb構築と運用ができます。(企画/デザイン/構築/運営)
すきなもの「赤色・キューブ・コンクリート」