「項目」の使用例【Snow Monkey Blocks】

使い勝手がよくて、使用頻度の高い項目ブロックの使用例です。

仕様

タイプは3つから選べます。(2019/10/07現在)

項目(スタンダード)、項目(ブロックリンク)、バナーから選択可能です。

レスポンシブ対応しており、PC、タブレット、スマホ別のカラム数設定ができます。

行あたりのカラム数は1~6まで設定ができます。
スマホは1~2程度がおすすめです。

項目(スタンダード)の使用例

映えるコツ
映える、栄える、ばえる
こちらは見本です。貼えるコツを伝授します。
以下のボタンはダミーです。
映えるコツ
映える、栄える、ばえる
こちらは見本です。貼えるコツを伝授します。
以下のボタンはダミーです。
映えるコツ
映える、栄える、ばえる
こちらは見本です。貼えるコツを伝授します。
以下のボタンはダミーです。

項目(ブロックリンク)の使用例

ブロックリンクとは要するに、要素(ブロック)全体がリンクします。
違いがわからない場合は、マウスオーバーをして確認してみてください。

バナーの使用例

バナーが追加されて更に使い勝手が良くなりました。

バナー設置見本

コツ:行あたりの表示数によってサイズが変化します。

この記事を書いた人

山崎 大祐

現役コーダーでフロントエンジン寄りのWeb構築と運用ができます。(企画/デザイン/構築/運営)
すきなもの「赤色・キューブ・コンクリート」