入社前に企業を見抜くチェックポイント(面接時編)

書類が山積みのイラスト

転職を6回経験し、大企業から~零細企業まで働きましたので経験を踏まえたチェックポイントです。

今回は、面接編です。面接するときには、面接の受け答えのみに重点を置く人が多いです。

面接を人も企業を判断する必要がございますので、必ずチェックしてください。

ちなみに、私は今の会社には大変満足しておりチェックポイントがすべてクリアしているわけではございません。勤務時間や、給与や、自宅からの距離など自分の働き方にあった条件を比較することが大変重要です。

出勤管理がタイムカード

こちらは、面接時に事務所に入る場合確認ができます。周りを見渡して確認してください。

書類がやけに多い

「捨てる」=「効率化」という概念がない企業は、書類がやけに多い場合があります。業種によって違いもありますが、10年以上保管しておく必要のないものが騒然と棚に置いてある事務所は要注意です。業務効率化のための、システムかもされていない場合もあります。面接に集中するのも大事ですが、企業を確認する義務はあります。

空気感

こちら、大変曖昧な表現ですが感覚を研ぎ澄ます必要があります。面接時に、確認ができます。なにかというと、受付の人の雰囲気や空気が重いかどうかを感じる必要があります。

この記事を書いた人

山崎 大祐

現役コーダーでフロントエンジン寄りのWeb構築と運用ができます。(企画/デザイン/構築/運営)
すきなもの「赤色・キューブ・コンクリート」