『ウェブライダー松尾の【超初心者向け】文章作成講座 vol.1』に行ってみた

2019年11月16日(土)渋谷で開かれた『ウェブライダー松尾の【超初心者向け】文章作成講座 vol.1』に行ってみた。

簡単に、概要を説明します。

ウェブライダーとは、 株式会社ウェブライダー社です。

ウェブライダー社は、コンテンツマーケティング、コンサルティング、セミナー、テーマソング制作と多岐にわたる事業をおこなっています。

コンテンツようするに「モノ、コト、ヒトの中身をつくる」ことができる会社だと思っています。

松尾氏は、そのウェブライダー社の代表を務めます。奈良県出身の気さくな人。松尾氏の発する言葉は、ひとつひとつ丁寧に選ばれていることを感じるはずです。

そんな、松尾氏の第一回目の文章作成講座に参加しました。

文章作成すなわちライティングとは

松尾氏は文章作成すなわちライティングというものをふたつの意味で考えています。

1つめは言語化「wiritng」

相手(伝えたい人)の気持ちに寄り添った上で言葉を紡ぐ(つむぐ)

2つめは光をあてる「lightnin」

相手(伝えたい人) 深層心理に光を当てること。

冒頭は「PREP法」「QDPREP法」というものを使ったワークショップから始まりました。

PREP法

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Exampel(事例、具体例)
  • Point(結論の繰り返し)

QDPREP法 松尾氏流

  • Queshion(質問)
  • Description(説明・要約)
  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Exampel(事例、具体例)
  • Point(結論の繰り返し)

また、中盤では語彙力を上げる「たとえ表現」を使ったワークショップがありました。スクリーンに映し出されたシーフードカレーの美味しさを「美味しい」という表現を極力使わず伝えるというワークショップは、なかなか盛り上がりました。

講座では、さまざまな視点を得ることができました。講座で得た視点を活かし、これからの文章作成に役立てていきたいと思います。

講座を受けた方で、この記事を読まれた方がおられましたら、ぜひコメント欄に一言書き込んでくださいね。

この記事を書いた人

山崎 大祐

現役コーダーでフロントエンジン寄りのWeb構築と運用ができます。(企画/デザイン/構築/運営)
すきなもの「赤色・キューブ・コンクリート」