【ブレスト】2019/10/23 永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ 未経験の主婦がカウンセラーへの夢を叶えるには

ブレスト中のイメージイラスト

永江一石氏の有料メルマガの質問に対して「私達だったらどうするか」のブレスト内容です。ネタバレをしないように注意して投稿しています。

1記事100円前後でコスパ高すぎです。気になった人は、購読をおすすめします。

本命と売れ筋商品のどちらに注力すべきか

営業M

5万で決済システムが売れているならこれをなるべく手のかからないように売ることに注力して資金面で余裕持てるようにして、その上でDJ教材へ注力していくのがいいんじゃないでしょうか。


お金あれば外注も出来るし、逆に生活費がないとそれに追われますし。


翻訳もお金で解決できますもんね。

技術Y

いやーするどいご指摘。気になる方は、メルマガ読むべしです。

将来のために子供にさせておくべきこととは

営業M

いろんな体験、経験をさせたり勉強も含めて継続できるものを身につけさせていきたいですけどなかなか思う通りにはいかないですよね。


僕が考えてるのはなるべく選択肢を増やせるようにするのが大人の役目なのかなと思っています。


勉強して大学に行くこともそうですし、子供がたくさんのことから選択できるようにしていきたいなとは思ってます。

技術Y

先日の永江さんのエントリーを読んで、より一層の危機感をいだきました。

31歳からプログラミングを始めるのは遅すぎる?

営業M

普通に考えたらなかなかハードなハンデだぞって思いましたけど質問者の方はとてもパワフルなのでやれると思います。


プログラミングを身につけたいじゃなくて、身につけてそれを活かして○○したいって目標があるので途中を楽しんでやれそうですもんね。


熱中は努力に勝るってやつだと思います。

技術Y

ちょっw永江さんはいつも年齢関係ないって言ってるでしょ!と、つっこみはさて置き、私は本格的に始めたのは35歳過ぎてからです。

置いていかれないように、週20時間以上は言語を偏よらせず勉強しています。禁酒しているのもそのためです。

筋トレで絞った体を維持するために

営業M

僕はたるんだ身体してるのでこの辺の質問はわからないですw

技術Y

私は専門ではないのでパスです。

年齢が気になりますが、維持するには食事のバランスと筋トレをつづけることでしょうか。

ケトルベルを1ヶ月つづけて筋肉がついてきましたw8kg→12kgに増やしています。

未経験の主婦がカウンセラーへの夢を叶えるには

営業M

カウンセラーに夢を持ちすぎてるような感がありますが、カウンセラーというのは人の苦しい部分やドロドロした部分を聞くことになりますので自分が病みます。


カウンセラーを辞める理由はドロドロしたのを毎日聞いて自分が病むからだというのを聞いたことあります。


カウンセラーという肩書にこだわる前に「あなたの話聞きます。10分○○円」でやってみればいいんじゃないですかね。


カウンセラーとか実績もないのにハードルあげてもしゃーないような。


話聞いてお金もらうようになっていくと先払いでもらわないとお金払わず逃げるやつらとも対峙することにもなるでしょうし色んな辛さを味わえると思います。


人を助ける以上に自分の心がキツイ職業だってことを認識してもまだやりたいと思えるならちゃんと学校に通い、資格をとったうえで乗り越えた苦労が自分の血肉になると思います。

技術Y

永江さんの回答。ズバッと切って、勇気づける回答でした。私自身も勉強なりました。

田舎の空き家をビジネス化する方法

営業M

この空き家単体で収益力がないとは思いますが、固定資産税くらいを色んな手段で稼いでるのはすごいですね。


借りてる人たちもこの空き家に何かプラスして利用しているので、そのプラスにしてる部分を参考にしながら○○を使用するときにここの空き家どうですか?って募集出来るようになればいいんじゃないかなと思うのですが。。。


近くに温泉がある、畑を借りられるので週末農家が出来る、○○祭りのときの宿泊場所としてみたいな。

技術Y

空き家ビジネスのDIYを実践Youtubeで放送して、Youtubeで商売をされたら良いのではよいのではないでしょうか。Youtubeが宣伝になり、住みたい人も問い合わせがありそうです。

永江一石氏の有料メルマガについてのブレストです。気になった人は、是非購読をおすすめいたします。
noteは108円ですが、1年分がパックになったマガジンだと約1,600円お得でオススメです。

この記事を書いた人

山崎 大祐

現役コーダーでフロントエンジン寄りのWeb構築と運用ができます。(企画/デザイン/構築/運営)
すきなもの「赤色・キューブ・コンクリート」